日常生活での様子で気付くこと

普段お子さまがテレビを見ている時や、本を読んでいる時などをはじめ、に非常生活で下記のような様子が見られた場合には、一度受診されることをおすすめいたします。
頭や身体を傾けてものを見ている
ものを近づけて見る、テレビに近づいて見る
目の位置が左右で違う気がする
眩しそうにしたり、目を細めることが多い
日常生活での様子で気付くこと
などをはじめ、よく何かにぶつかりやすい・転びやすいなど、小さな気付きは病気の発見にも繋がります。
保護者の方々の協力はもちろん、定期的な眼科検診での早期発見・早期治療が視機能を守ります。

小児のよくある病気

斜視01

ものを見るときには両方の目が、対象物の方向に向きます。
斜視の場合は片方の目が対象物の方に向いていなかったり、左右で目の位置にズレが生じています。斜視はこどもの2%くらいにみられる病気で、その原因はさまざまです。

弱視02

こどもの視機能を発達させるためには、たえずものを視る訓練が必要になります。しかしその訓練が不十分だった場合、ものを視るという機能がうまく発達せず、正常にものを見ることができなくなります。この状態を弱視といい、メガネなどの矯正をしても視力が出ませんので、視力をのばす治療が必要になることがあります。

眼瞼内反症(逆さまつげ)03

子供の内はまぶたが厚いために、まつげが内側を向いてしまい、眼球の表面に触れることがあります。成長と共に解消されることが多いのですが、重度の場合には角膜を傷つける可能性もあるため、治療をおすすめしています。

先天性鼻涙管閉塞04

涙の通路である鼻涙管が、生まれつき閉塞しており、涙の鼻への流れが悪くなるため、生後涙目が続いたり、涙嚢部の細菌感染を起こすと目やにが多くでるようになります。

けがや目の中に異物が入ってしまった場合には…
決して強くこすらずに、まずは目を洗い流してください。
また、目の周辺をケガした場合や強い衝撃を受けた場合には、外見上に異常はなくても、内部の損傷や遅れて症状が出ることもありますので、不安な場合には、お気軽にご来院ください。
けがや目の中に異物が入ってしまった場合には